覚えてもらう為に

名刺を交換するスーツ姿の男女名刺に記載するものは、名前や会社の住所、電話番号などの連絡先、メールアドレスなどが多く見られます。
また、起業によってはイメージカラーなるものもあり、比較してみると、本当にそれぞれよくできているなと感心します。
しかしながら、渡した相手に自分について覚えてもらいたいのに、なかなか覚えてもらえないといった声も聞くことがあります。
その場合は、文字だけでなく写真などを取り入れてみるのもお勧めです。

名刺に自分の顔写真を入れることで、アピール力はぐんと上がります。しかしながら、中には写真を付けることに抵抗がある方もいます。その場合は、似顔絵などを入れてみるのもお勧めです。これだけでも、相手に与えるインパクトは強くなりますので、覚えてもらいやすくなることでしょう。

他にも、キャッチフレーズや好きな言葉などを記載するのも良いでしょう。また、香りを付けるといった方法もあります。香りもまた相手に良い印象を与えることができる方法です。得に女性にはお勧めの方法です。但し、香りを付ける場合はあまり香りの強くないものを選んでください。香り付きの名刺であれば、それを話題に会話も弾むかもしれません。是非試してみてください。

 

顔写真いりの名刺のメリットについて

名刺は、世界各国共通のビジネスを進めていく上の自分の情報を相手に正確にかつわかりやすく伝えるためのマストアイテムといっても過言ではありません。最近では社会人だけでなく、自己アピール一貫として、就職活動をおこなっている学生も自分の名刺を所持していると聞いています。

私が以前働いていた会社は外資系だったこともあり、アジアの支店や本社のあるドイツの従業員ともたびたび交流があったため、その度に名刺交換する機会がありました。ここで便利だと感じたのは、中国オフィス社員の名刺でした。なぜなら、個人の名刺に顔写真が印刷されていたのです。正直初めて見たときは驚きました。しかしよく考えると、たくさんの方と名刺交換してもその場で名前はおろか、顔を覚えていないケースが多々あることを考えれば、写真付きはとても親切であると思いました。

顔を覚えてもらう営業等の職種には、日本の企業にとっても、特に有効なのではないかと思います。残念ながら日本の企業の方々と今まで、名刺交換した際に、顔写真入りのものには出会ったことはありませんが、国内にとどまらず、今後ますます世界の市場と競争していく企業などは、個人の情報もアピールしていくためにも顔写真つきの名刺は日本の企業でも有効ではないかと思います。

 

ライバルに差をつける名刺の印刷

名刺は先方に自分を知ってもらう為の重要なツールです。名前や会社名や役職を書いて終わりでは無いのです。名刺は土台に拘りましょう。安い紙で作られた名刺には貧相で安っぽい感じがします。デザインが洗練されても、色目がよくても、土台が腐っていては台無しになってしまいます。印刷してもらう際は、紙質を吟味します。

次に印刷屋の技術を調べる方法です。自分の顔というべき名刺は大事に印刷してもらいたいものです。そういう場合は無料サンプルを貰うと良いです。前述した紙質や印刷技術を無料サンプルで吟味することができます。実物を見ると、自分が今から作ろうとしている名刺の完成品がイメージしやすくなります。後は、名刺の形状を決めるだけです。

シンプルに会社名と名前や住所、電話番号を記入するだけなら、名刺の表だけの印刷で済みます。しかし、豊富な情報を先方に与えたいのなら、二つ折り名刺を勧めます。同じ名刺のサイズで2倍の情報を掲載できます。自分のプロフィールや会社のメニューや製品などを掲載して、先方にアピールしましょう。

Pocket

名刺のポイント

色んな色の名刺仕事上名刺を頂戴することが多い方も少なくないと思います。すると、それぞれの名刺に特徴があることに気付いたりします。例えば、カラーによっても相手に与えるイメージは異なってきます。一般的にホワイトをベースにした用紙に黒などの文字で記載されたものをよく見ますが、これ以外のカラーを使うことでまた違った印象を与えることができます。

例えば、ブルーが与える印象は、「信頼」や「知性」、「冷静」、「まじめ」など。レッドであれば、「パワー」や「熱意」、「生命力」など。またグリーン系にすれば、「穏やかさ」、「リラックス」、「快適」、「ナチュラル」などの印象を与えることができます。他にも、オレンジ系などには、「ハッピー」や「優しさ」、「温かさ」などのイメージがあります。相手にどんな印象を与えたいのかについてよく考えて、上手に色が持つメッセージ性を取り入れていくと良いでしょう。

また、意外と思われるかもしれませんが、名刺の台紙でも与える印象が変わります。

名刺の手触りは第一印象に大きく影響します。
厚手の紙はしっかりした印象。表面に起伏のある紙は硬すぎない柔らかい印象。など。
名刺で渡す相手に与えたい印象や業種を考えるとより効果的な名刺が出来上がります。

その他に、文字の大きさやフォント、縦型横型などによっても印象は変ってきます。縦型の名刺は、風格がある印象を与えることができます。横型にすると、縦型よりもおおらかな印象を与えられます。どちらにも良さがありますので、よく考えて作成してみてください。

 

デザイン性の高い名刺の作成

一般的なビジネスでは、ある程度落ち着いたデザインのほうが好まれるものだとおもいます。しかしアパレル業界や一部の飲食業界では、自分を積極的にアピールする役割を名刺も担っています。単なる連絡手段というだけでなく、個性を発揮する場所としてデザイン性の非常に高い名刺が好まれる傾向があります。実際、名刺を受け取る側としてもデザイン性の高いオシャレな名刺は非常に楽しいものです。また多くの名刺の中に埋もれてもすぐに目に留まるものです。

名刺デザイナーという職業もあります。デザイン性の高い名刺は、やはり一定の需要があるのでしょう。またそのようなものを利用する人たちは、季節や気分などで、デザインを変更することもあるといいます。

デザイン性の高い名刺は一枚当たりの単価が一般のものに比べるとずいぶんと高価になります。それでも十分にその役割を果たすのなら、それだけの価値があるといえるのでしょう。名刺からその人が連想できるようなものを作成したいものです。

 

名刺のデザインで差を付けていく

名刺のデザインというものはとても大切なものです。こうしたデザインというものはとても大きな価値のあるものです。名刺というものはこれからの世の中においてもとても大きな価値があるものです。名刺というものは、とても重要なものです。

名刺というものは、たくさんの人にとってもとても大切なものであり、とても幅広い分野で利用されていくものです。デザインはとても重要な役割をしているものであり、とても大事なものになっています。名刺のデザインというものはとても素晴らしいものです。名刺というものはこれからもとても多くの人にとってとても有益なものです。

名刺というものはとても多くの人にとってとても支持れされているものであり、特にビジネスマンにとってはかかせないアイテムになっています。こうしたものを活用していくことにより、ビジネスチャンスというものをとても大きく広げてくのにもとても重要なものです。名刺というものはとても大切なものです。

Pocket

名刺とは

名刺ビジネスマンに必要不可欠な名刺。仕事をする上で、名刺をやり取りするシーンはたくさんあるものです。また、仕事をするしないに関係なく、名刺を作る方もいます。つまり、名刺とは、自分を相手にアピールできる大切なものであるということです。

また、多くの方は、初対面の時に名刺を渡すかと思います。ご存知のように、人は第一印象が非常に大きく影響するもの。見た目の印象の良し悪しはもちろん、言動や対応、マナーなどもそれに含まれてると言って良いでしょう。名刺の良し悪し、名刺を渡す時のマナーも、注意しておきたいポイントです。相手に良い印象を与えることができれば、今後のお付き合いもスムーズに行きやすくなります。是非、自分の魅力を余すことなくアピールして頂きたいと思います。

名刺と聞くと、すぐにイメージするのは白くて多少厚みがある用紙かもしれません。しかし、今は更に選択肢が豊富にありますので、より自分の希望に合ったものを探すことができるのではないでしょうか?普段、よく目にするのが上質紙です。この用紙を選ぶメリットは、比較的安く作れること。そして、鉛筆で書き込むこともできるといったことです。またアートポストもよく目にする用紙かもしれません。こちらは、コーティングしているので表面がテカテカしているのが特徴です。厚みもあります。

この他にも、色々な材質がありますし、デザインしだいで雰囲気は全くことなるものが仕上がります。ここでは名刺について紹介します。参考にしてみてください。

 

名刺交換で広がる人脈

名刺交換というものはとても様々なチャンスを広げてくれるものです。こうした名刺交換というものはとても多くの人にとってとても有益なものです。名刺交換というものは、これからもとても多くの人にとってとても素晴らしい価値のあるものです。名刺交換というものはビジネスマンにとってはとても重要なことであり、こうしたことから様々なことが始まっていくということもあるようです。

ビジネスというものはとても大切なものです。名刺交換というものは、色々なチャンスをくれるものです。こうしたチャンスというものは活かしていくということがビジネスマンにとってはとても大きな価値があるものです。

ビジネスというものはこれからの世の中においてもとても重要なものであり、こうしたことから様々な人にとってとても有益なサービスというものは生まれていくものであり、とても多くの人に提供されていくものです。ビジネスは名刺交換がとても大切なものになっています。

 

名刺は分かりやすくてデザイン的に印象に残りやすい物がいいです。

名刺は自分で作ろうと思えば簡単にできます。手作りで作る人もいます。カラーペンなどで書いてあるのでカラフルで綺麗な名刺になる事が多いです。パソコンを使って作る人もいます。携帯があれば名刺がいらないという人もいますが、携帯にいちいち登録するより情報交換がすぐにできて楽なのです。

会社勤め関係なく作る人が多いです。特に学校の場合は個人情報保護法の関係で連絡網がない所が増えてきています。お母さんたちが名刺を配るのは珍しくないのです。名刺は自分や会社などをアピールするために大事な物です。営業職の人は特に欠かせない物です。名刺一つで知名度が違ってくるものなのです。

名刺をよくもらう人は名刺入れに入れてあります。たくさん数があると探すのにも手間です。そういう時に見つけやすいような名刺を作るのが大事です。デザイン的に印象に残りやすいような物を作るのが大事です。目につきやすい物がいいのです。シンプルなのは分かりやすいのですが、他と一緒なので区別がつかないのです。

Pocket