覚えてもらえる為に

名刺に記載するものは、名前や会社の住所、電話番号などの連絡先、メールアドレスなどが多く見られます。また、起業によってはイメージカラーなるものもあり、比較してみると、本当にそれぞれよくできているなと感心します。しかしながら、渡した相手に自分について覚えてもらいたいのに、なかなか覚えてもらえないといった声も聞くことがあります。その場合は、文字だけでなく写真などを取り入れてみるのもお勧めです。

名刺に自分の顔写真を入れることで、アピール力はぐんと上がります。しかしながら、中には写真を付けることに抵抗がある方もいます。その場合は、似顔絵などを入れてみるのもお勧めです。これだけでも、相手に与えるインパクトは強くなりますので、覚えてもらいやすくなることでしょう。

他にも、キャッチフレーズや好きな言葉などを記載するのも良いでしょう。また、香りを付けるといった方法もあります。香りもまた相手に良い印象を与えることができる方法です。得に女性にはお勧めの方法です。但し、香りを付ける場合はあまり香りの強くないものを選んでください。香り付きの名刺であれば、それを話題に会話も弾むかもしれません。是非試してみてください。

名刺のポイント

仕事上名刺を頂戴することが多い方も少なくないと思います。すると、それぞれの名刺に特徴があることに気付いたりします。例えば、カラーによっても相手に与えるイメージは異なってきます。一般的にホワイトをベースにした用紙に黒などの文字で記載されたものをよく見ますが、これ以外のカラーを使うことでまた違った印象を与えることができます。

例えば、ブルーが与える印象は、「信頼」や「知性」、「冷静」、「まじめ」など。レッドであれば、「パワー」や「熱意」、「生命力」など。またグリーン系にすれば、「穏やかさ」、「リラックス」、「快適」、「ナチュラル」などの印象を与えることができます。他にも、オレンジ系などには、「ハッピー」や「優しさ」、「温かさ」などのイメージがあります。相手にどんな印象を与えたいのかについてよく考えて、上手に色が持つメッセージ性を取り入れていくと良いでしょう。

また、文字の大きさやフォント、縦型横型などによっても印象は変ってきます。縦型の名刺は、風格がある印象を与えることができます。横型にすると、縦型よりもおおらかな印象を与えられます。どちらにも良さがありますので、よく考えて作成してみてください。

名刺とは

ビジネスマンに必要不可欠な名刺。仕事をする上で、名刺をやり取りするシーンはたくさんあるものです。また、仕事をするしないに関係なく、名刺を作る方もいます。つまり、名刺とは、自分を相手にアピールできる大切なものであるということです。

また、多くの方は、初対面の時に名刺を渡すかと思います。ご存知のように、人は第一印象が非常に大きく影響するもの。見た目の印象の良し悪しはもちろん、言動や対応、マナーなどもそれに含まれてると言って良いでしょう。名刺の良し悪し、名刺を渡す時のマナーも、注意しておきたいポイントです。相手に良い印象を与えることができれば、今後のお付き合いもスムーズに行きやすくなります。是非、自分の魅力を余すことなくアピールして頂きたいと思います。

名刺と聞くと、すぐにイメージするのは白くて多少厚みがある用紙かもしれません。しかし、今は更に選択肢が豊富にありますので、より自分の希望に合ったものを探すことができるのではないでしょうか?普段、よく目にするのが上質紙です。この用紙を選ぶメリットは、比較的安く作れること。そして、鉛筆で書き込むこともできるといったことです。またアートポストもよく目にする用紙かもしれません。こちらは、コーティングしているので表面がてかっているのが特徴です。厚みもあります。

この他にも、色々な材質がありますし、デザインしだいで雰囲気は全くことなるものが仕上がります。ここでは名刺について紹介します。参考にしてみてください。